業務の流れ

トップページ > 業務の流れ

アドリブを使った生産業務の流れ

生産計画フェーズ

Step1.  生産数の入力
生産数の入力

「メイン」画面で一日毎に生産する生産数量を入力します。生産数量は、「予定」「追加」「調整」の3段階で入力できます。
また、生産実績数の入力も行えます。 生産数量は、CSV形式のファイルからの取り込み、また指定日付の数量をコピーすることも可能です。

 
Step2. スケジュールの作成
スケジュールの作成

「生産計画」画面で日単位の生産スケジュールを作成します。「メイン」画面で入力した生産数量と各製品の構成表を基に、各工程の生産計画をガントチャートで表します。
納期に間に合わない場合は、生産順序・作業開始時刻などを変更して生産計画を作成していきます。
生産スケジュールと同時に、作業量と人員をヒストグラムで表します。

 
Step3. シフトの調整
シフトの調整

「労働計画」画面でスタッフの日毎の勤務時間を設定します。
各スタッフの勤務時間をガントチャートで表していますので、時系列に誰が勤務しているのかが一目で理解できます。
「生産計画」画面同様、作業量と人員のヒストグラムも表示していますので、仕事量との兼ね合いで勤務時間の調整が効率的に行えます。
月単位で勤務時間の調整も行えます。

 
Step4. 作業予定表の印刷
作業予定表の印刷

「生産計画」画面で作成したライン毎の生産スケジュールをプリント出力します。
出力した帳票には、そのまま現場で使用できる情報が出力されています。

 

生産実行フェーズ

Step5. 生産実績の入力
生産実績の入力

「生産時刻入力」画面では、製品毎の生産開始・終了時刻を入力します。
予定時刻よりも遅れている場合には、遅れ理由を入力することも可能です。
また前工程で生産が遅れている場合でも、この画面で色を変えて表わしていますので一目でわかります。

 
Step6. 日報の出力
日報の出力

一日の部門・ライン毎のメイクスパンや生産金額などを表示・出力します。
一日単位以外に指定した期間内の集計情報を表示・出力することも可能です。

 
動画公開中